ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ガット張りの基礎知識

ガットを張り替えるときは
■ガットを選び
■テンション(ガットを引っ張る強さ)
を決めます。

順序は逆になりますが、ガット選びの前に、まずは同じ種類のガットを使う場合のテンションと太さについて考えてみましょう。

[1] テンション
テンションとはガットを引っ張る強さです。日本では通常ポンドで指定します。ラケットに書かれている適正テンションの範囲で指定するのがお勧めです。50-60ポンドと書かれていれば50ポンドが最も低いテンション、60ポンドが最も高いテンションです。
■低いテンションで張ると
ボールが良く飛び、柔らかい打球感になります。ボレーヤーやスイングの遅い人に向いています。
■高いテンションで張ると
ボールが飛ばなくなり、硬い打球感になります。スイングスピードの速い人に向いています。

[2] ガットの太さ
同じガットで太さを変えた場合
■細いガットを使うと
ボールが良く飛び、柔らかい打球感になりますが、切れやすくなります。
■太いガットを使うと
ボールは飛ばなくなりますが、切れにくいため耐久性はアップします。

このように同じガットでもテンションと太さの組合せで打球感や耐久性が大きく変わります。これを理解した上でガットを選びましょう。
初めて張るならGOSENミクロスーパー16などの価格が手頃で標準的なガットをお勧めします。それを試してみて「飛びすぎる」、「切れやすい」、「もっとやわらかい感じがいい」などの感想をいってもらえればアドバイスできます。

最近はやりのポリエステル系のガットは注意が必要です。切れにくいのが長所ですが、気持ちよく打てるのは1ヶ月ほどと考えてください。それ以上はのびて弾力のなくなった状態で使う事になります。またテンションは普通のガットに比べて10%ほど下げるのがお勧めです。

LINEでお問い合わせ

友だち追加

LINE公式アカウントなのでポイントカードが使えてお得です!トークでお問い合わせください。

LINE Pay加盟店

お支払いにLINE Payが使えます。

ADS by Google

ページの終端です。ページの先頭に戻る